【少額投資でハイリターン!】あやたか株ブログ読んでVIX指数へ投資してみた

お金・資産運用

こんにちは。SUNNY(@sunny_93s)(@SUNNYSUNNY93s)です。

知名度が低い投資手法のひとつ、

VIX指数への投資について実際の体験談をもとに話していきたいと思います。

GMOクリック証券を使う理由と口座開設時の注意点をブログ終わりに書いてあるので、注意して確認お願いします!

SUNNY

VIX(ヴィックス)指数に関連する銘柄に投資してみた体験談をお話します.
少額でハイリターンの利益が得られました.
やり方によっては、リスクを抑えて大きな利益を狙える投資手法だと感じた.
この記事を読むメリット

・知名度が非常に低い(やってる人が少ない)投資手法を知れる
・少額資金でも大きなリターンを出す投資手法がわかる
・夜間トレードしたい人にオススメです
スポンサーリンク

VIX指数とは

VIX指数について説明します。

VIX指数とは?

ボラティリティ・インデックス(volatility index)の略で、米国S&P500指数(アメリカの代表的な大型株500銘柄の株価を基に算出されている指数)を対象としたオプションの取引価格から推計される予想変動率(標準偏差)をもとに作成される指数です。別名、恐怖指数と呼ばれています。

なぜ恐怖指数なのか

株価が下落するリスクイベントがあると大きく上昇する指数なので、恐怖指数と呼ばれています。

恐怖指数の方が理解しやすいですよね。

米国市場が恐怖を感じると上昇して、安定した市場である時は低い値を維持します。

実は、とても簡単でシンプルな動きをするので初心者こそシンプルでやり易い投資です。

市場が恐怖を感じる時ってどんなこと?

VIX指数が急上昇したイベントを紹介します。

  • アメリカ大統領選挙でトランプ大統領当選
  • 北朝鮮がミサイル発射させる
  • パウエル議長、利上げを実施
  • リーマンショック(リーマンブラザーズ倒産)
  • チャイナショック(中国景気後退)
  • イギリスEU離脱

このようなに株価が下落する場面(市場が恐怖を感じる場面)で、恐怖指数(VIX指数)が大きく上昇しているのがわかると思います。

実際にVIX指数の直近一年間の値を見てみましょう!

Yahoo!ファイナンスのVIX指数週足チャートになります。

平常時はVIX指数10〜20で推移していることが分かります。

20を超えてくるとリスクイベントが発生していることが多いです。

チャートを見るとわかるように、基本的に下落して元の水準に戻っていることが分かります。

直近では、2018年10月〜VIX指数の数値はかなり高い水準での推移になっています。

アメリカ中間選挙や世界同時株安があり、

過去のVIX指数と比較してもかなり高い値になっていることがわかります。

GMOクリック証券CFD口座を使う理由

・少額で取引可能
・VIX指数関連銘柄に投資できる
・他の証券口座と比較して取引時間が圧倒的に長い。

詳細は、GMOクリック証券CFDHPに詳しく書いてあるのでご覧ください。

実際にVIX指数関連銘柄に投資してみた

  • 米国VI(空売り)
  • 米国VIブルETF(空売り)
  • 米国VIベアETF(買い)のVIX指数関連3銘柄に投資してみました。

投資額は、20〜30万円に対して20万円近くの利益です。

かなりリターンが高く資金が少ない人でも可能な投資であることが分かります。

少額で大きな利益を狙い方は是非GMOクリック証券CFD口座の開設をこちらから

レバレッジがかかっているからです。

レバレッジとは

自分が保有する手元の資金に対して、〜倍もの金額で取引ができるという特徴があります。例 100円しか持っていないのに、あなたの信用を使って200円のモノを買えることです。100円に2倍のレバレッジが掛かっているという言い方をします。

利益も大きくなる分、リスク(損出)も大きくなります。

しかし小ない資金な人こそレバレッジは、利用できる大きなメリットの一つでもあります。

米国VIとは

VIX指数(恐怖指数)に連動する銘柄。時間と共に下落していく特徴を持つ。

実際の米国VI(チャートは日足)トレードの様子です。

米国VIの値20.92で空売りをしています。

17.04まで下がった時に買戻していると、少額でも大きい利益が出ています。

米国VIの値でおおよそ4の幅値は比較的大きい下落です。

市場が恐怖を感じると上昇し、落ち着いてくると下落していることがわかります。

今回紹介したトレードを行った時期は、2018.10~は、米中貿易戦争・アメリカ中間選挙・パウエル議長が利上げを実施とかなり複雑化しており、なかなか市場が落ち着かなかったレアなケースとなっていました。2018.12~2019.1は、世界同時株安・アップルショックやドル/円の大幅な下落からVIX指数はかなりレアな高水準35を越す数値となっています。過去の推移を見ていただければ分かりますが、かなりレアな相場でしたので実際はもっとシンプルで分かりやすいです。

米国VIブルETFとは

VIX指数(恐怖指数)に1.5倍連動する銘柄。時間と共に下落していく特徴を持つ。

実際の米国VIブルETF(チャートは日足)トレードの様子です。

米国VIブルETFの値65空売りして48で買い戻しで、15以上の幅値で利益を出せています。

米国VIブルETFも米国VI同様に市場が恐怖を感じると上昇し、落ち着いてくると下落していることがわかります。

米国VIブルETFの場合は、更にVIX指数に1.5倍の連動しています。

VIX指数の平常時(コンタンゴ)では、圧倒的に下落が早いです。

米国VIベアETFとは

ベアというのは、「逆」という意味です。つまり、VIX指数の下落に伴い米国VIベアETFは上昇していく銘柄です。

平常時(コンタンゴ)に、上昇していきます。

VIX指数は、過去の傾向を見る限り、平常時(コンタンゴ)の時の方が多いので

超長期保有による大きな利益が見込めるのではないかと思います。

GMOクリック証券CFD口座開設時の注意事項について

GMOクリック証券のCFD口座を開設するにあたり、注意事項がいくつかありますので確認して頂くようお願いします!

僕が開設時にチェックした部分を青い丸で下の画像に印をつけておきましたので、参考にしてみてください!

たまに審査に通らない人がいるみたいです。

以下の注意事項に気をつけて申し込みをしましょう!


GMOクリック証券は、開設条件があるので、OKの例を貼付しておきます。
・CFD口座は、元本確定型の取引ではありません!
借金をしてまで投資はやめましょう!あくまで余裕資金で。
・投資可能資金額は、100万円以上必要です!
・「証拠金取引が3ヵ月以上」or「株式取引(信用取引)が1年以上」or「先物OP取引が1年以上」を選択する必要があります。

条件があるので、開設できる例を掲載しておきますね!

ポイントは、青い丸と青い四角で囲んであります!

僕が開設した時は、青い丸がついているところにチェックをつけて開設しましたので、このとうりにチェックをつけて申し込めば開設は大丈夫かと!

スポンサーリンク